映画『それでもボクはやってない』の評価とあらすじ

2007年(平成19年)1月20日に公開された周防正行監督による日本映画です。
日本の刑事裁判、人質司法に疑問を投げかけた社会派の作品。

主人公のフリーターであった金子鉄平(加瀬亮)は、会社の面接を受けに行く際に乗った電車で、女子中学生に痴漢と間違えられます。
何とか釈明しようとしたが、有無を言わさず駅員室に連れて行かれまもなくやってきた警官に逮捕されてしまう。

痴漢の罪を認めて5万円の罰金を支払えばすぐに帰れるのに対し、無実を主張して裁判で戦うとなれば、長くて半年近く拘留が続くことになる。
日本では刑事事件で起訴されると99%の確率で有罪となる。
当番弁護士にも、「やっていなくても、痴漢を認めてしまった方が楽だ」と言われるが、金子は裁判で戦うことを決めた。

金子にはベテラン弁護士の荒川(役所広司)と、新米弁護士の須藤(瀬戸朝香)が担当としてついた。
無実の罪を証明しようと、徹平の母の豊子(もたいまさこ)や友人の達雄(山本耕史)達が事件の調査や署名活動をして金子の無実を明らかにしようとする。

裁判が始まると、警察のずさんな捜査が明らかになっていき、裁判は金子に有利に進んで行った。

しかし、公判途中で裁判長の交代があった。
新しく交代した裁判長は検察側よりの心証を持っており、弁護側の反論を次々と退けていき、有利だと思われた金子に暗雲が立ち込める。
目撃者の女性の証言や再現ビデオの作成などやれることはやったが、出された判決は執行猶予付きの「有罪」判決だった。

ラストシーンで裁判官が、「判決に不服がある場合は、14日以内に控訴すること」と告げると金子が「控訴します」と叫んで映画は終了する。

控訴するという事は高等裁判所でさらに戦うこととなる。
理不尽な判決と金子がどうなったか分らない終わり方が日本の裁判のあり方を考えさせられる作品です。

日本の冤罪事件について

映画の終わり方が気になる作品ですが、「それでもボクはやってない」は痴漢冤罪を題材とした映画ですが、冤罪事件は痴漢事件だけで起こっているものではありません。

冤罪事件と思われる事件の数は、実際のところわかっていません。

法務省の発表する犯罪白書では、警察に検挙された事件で不起訴(嫌疑不十分)となった事件の件数は、年間で100件前後あるとなっています。

警察に逮捕されたとしても、必ずしも有罪とはならないにしても、警察に逮捕され裁判にかけられたりしたら、その後の人生に大きな影響を与えるのは間違いありません。

冤罪事件を無くす、または、自分が冤罪にかけらたらどうしたらいいのかを知るためにも、こちらの映画を見て冤罪について少しでも知っておくといいのではないでしょうか。